HOME > ALPHA STORY

ALPHA STORY - 品質と信頼。アルファの歴史

about ALPHA INDUSTRIES - アルファ インダストリーについて

ALPHA STORYイメージ

溯ること1959年。テネシー州、ノックスビル。当時の米国防省は、軍用ジャケットの見直しをアルファ社に依頼してきました。 その時代、軍の使用における技術的な向上と実生活レベルのデザインの改良が必要とされたためです。 より質の良い素材が開発、検査される度に、アルファ社はより高いデザイン性、品質性、信頼性のあるジャケットを作ってきました。 その仕上がりは、気象条件と耐久性に打ち勝つ、より暖かく快適にデザインされた製品として高い評価を得ています。

今日、アルファインダストリーズは、世界中にその製品を製造し販売してきただけではなく、米国軍の優良な供給者として、さらには常に最先端なアイテムをデザインする先駆者としてのスタンダードを確立しています。
本格的なミリタリー仕様からタウンユースまで、アルファはクオリティとファッション性、革新的なクリエイティビティと製作知識において前線に立っているのです。 紛れも無い事実として、アルファは試され、検証され、証明されているということ。 次は、あなたがアルファを試してみて下さい。

4千万人以上にのぼる使用実績

米軍用品供給メーカーとしてのアルファの歴史は長く、米国防省は50年以上にわたりアルファインダストリーズに信頼を寄せています。
1959年に工場を開設して以来、アルファはM-65フィールドジャケットを造り続け、競合他社を寄せ付けない生産数を誇っています。
さらに1960年代半ば以降、米国陸・海・空軍パイロットが使用するMA-1フライトジャケットの生産を実質的に担っており、アルファインダストリーズは現在までに、最も過酷な条件下で使用される軍用ジャケットを、総計で4千万着以上生産してきました。

横3本線が違いを証明

アルファ インダストリーズの名が世間に知れわたるかなり前から、横3本線が入った当社の製品ラベルは、軍の放出物資購入者の間で高い評判を得ていました。米国内の軍用放出物資を扱うショップでは、横3本線の入ったミルスペック(軍規格)タグ付きのジャケットを熱心に買い求める姿が見受けられたのです。

そのジャケットがつくられた経緯には、おもしろい裏話があります。

軍への製品納品が完了した後、当社には余剰の軍用物資がいつも手元に残っていました。 こうした余剰物資を活用するために、軍用と同じミルスペックにのっとってジャケットを作り、軍の放出物資店で販売されることになりました。 そこで軍に実際に出荷されるジャケットと民間に販売されるジャケットを社内的に区別する方法を考案しなければいけませんでした。
軍に納品されるジャケットのラベルには、ジャケットタイプの識別番号とスペックを画す1本の横線が入っていたため、放出用ジャケットに使用する差し替えラベルとして、別の黒い横線、3本の黒い横線を用いることにしました。
これが、軍用と放出用ラベルの唯一の違いであり、また、このラベルが、両者のジャケットの唯ひとつの違いでした。

他の契約業者も、放出用のコートを生産していましたが軍用ラベルに変更を加えませんでした。彼らのユニフォームには依然として、黒の横線が1本入ったラベルが付いていたのです。やがて、放出物資店で買い求める人々は、3本線の入ったジャケットがとても優れていることに気がつき始めます。

この3本線入りジャケットは、アメリカ軍のパイロットや地上要員が世界各地の米軍基地で着用しているジャケットと全く同じものだったからです。
また、アルファのロゴを注意深くご覧いただければ、これら3本の横線が、アルファ社とその製品を象徴するに至ったマークに融合・一体化しているのがお分かりいただけることでしょう。

横3本線が違いを証明イメージ

世界的な知名度

米国内のほぼすべての都市からヨーロッパや日本にいたるまで、アルファ インダストリーズの名前は知れ渡っています。
1959年の創業以来の品質を保ちながら現在では、消費者の要求に応えるためデザインの修正や変更を行なっています。

アルファMA-1の歴史

アルファMA-1の歴史イメージ

MA-1フライトジャケットは、これまで米軍向けにデザインされた衣料品の中でも非常に人気の高いアイテムです。

このジャケットの正式名称は、「ジャケット・フライヤーズ・男性用インターメディエートタイプMA-1」(MIL-J-8279)といいます。アルファインダストリーズは、1950年代以降一貫してこのMA-1を生産してきました。1950年代から今日に至るまで、アルファは米軍向けMA-1ジャケットの供給における最大にして実質的に唯一のメーカーです。

MA-1ジャケットが最初に開発されたのは、1940年代後半。ジェット時代の幕開けとともに、パイロットの快適さと安全性を保つために新しいフライトジャケットが必要とされました。ジェット機の開発前には、フリースで裏打ちされたレザージャケットが使われていましたが、新しいジェット機はプロペラ機に比べ、これまで以上の高度を従来よりさらに低温の中で飛行できる能力を備えていました。 つまり重くてかさばるレザージャケットでは雨や呼吸によって湿ってしまうと、高度が高いところではその水分が凍りつき、使い物にならなくなってしまいました。加えて新しいジェット機はデザインがスリム化されたことにより、かさばるレザージャケットよりも、スマートで軽量、かつ保温性に優れたジャケットが必要とされたのです。

こうしたニーズに応えるため、新しいタイプのフライトジャケットが開発されました。 このジャケットのために選ばれた材料が高品質のナイロンです。 ナイロンは第二次世界大戦に先立って発見されていましたが、飛行用衣料に使われるようになったのは戦後になってからのことです。おそらく戦時中は、パラシュートはじめとするアイテムに、ナイロンが使われていたためでしょう。 最初のナイロン製フライトジャケットがデザインされたのは、1944年ごろ。これが、B-15フライトジャケット(MIL-J-6251)と呼ばれるものです。 このB-15ジャケットは、ムートンの襟付きである点を除き、MA-1とほとんど違いはありませんでした。 B-15の生産が中止され、MA-1が導入されたのはこの数年後のことです。
MA-1が米国空軍および海軍のパイロットとフライトクルーに初めて支給されたのは、1949年から1950年の間のことでした。

また少数ですが、MA-1ジャケットは陸軍航空隊員にも支給されました。アルファインダストリーズが最初に政府契約を結んだのは(MIL-J-1958B)、前身のダブスインダストリーズ時代の1958年のことです。

今日ではアメリカ政府は、MA-1ジャケットの発注を飛行関係の要員向けではなく、公安警察や基地の整備要員、通信網の修理要員など、地上要員向けに限っています。パイロット及びフライトクルーには現在、CWU 45/Pジャケットが支給されています。 その結果、オレンジライニングのMA-1はフライトジャケットの歴史上、特別な位置を占めるに至ったのです。

MA-1のデザイン

MA-1には、これまでの長い歴史の中でさまざまなデザインの変更が加えられてきました。そのクラシックで非常に機能的なデザインに変わりはありません。オリジナルデザインについては、米国政府規格MIL-J-8279に詳述されています。

デザイン変更の際には多くの場合、オリジナルのミルスペックナンバーにアルファベットを一文字新たに加えてきました。たとえば、MA-1スペックは、オリジナルナンバーであるJ-8279から、J-8279A、J-8279B、J-8279C、そして1980年代初めに支給が開始された最新ナンバーであるJ-8279Fまでデザインの変更を重ねています。

MA-1のオリジナルデザインでは、アウターシェル(表地)とライニング(裏地)に高品質のナイロンを使用しています。これら2層の間(インターライニング/中わた)には、保温のために両面仕上げのウール素材が入っていましたが、数年後には、軽量化と保温性の面で優れていた、新たに開発されたポリエステル系繊維へと取って代わられます。

MA-1は、その先行モデルであるB-15のデザインに2つの大きな変更を加えたものです。

MA-1では、これまでのムートンファーの襟から、ニットの襟に変更されました。 これは、ファーの襟が、パイロットのパラシュート装備の邪魔になったためです。 その後のモデル(J-8279D 1960年頃)では、MA-1ジャケットはリバーシブルとなり、明るいインディアンオレンジのライニングが追加されました。それは飛行機の墜落事故の際、脱出したパイロットがジャケットを裏返しオレンジを表にして着ることで、救助隊への非常に目立つシグナルとなるためです。 MA-1のオリジナルデザインには何十年にもわたって次のような変更が加えられてきました。

  • 初期モデルには、パイロットが未使用状態の酸素マスクをクリップで固定するためのフロントタブがありましたが、数年後には、飛行機の設計と、パイロット用ヘルメットの酸素システムの進歩により、クリップでの固定が必要なくなり、このフロントタブは取り外されています。
  • 無線通信機とパイロットのヘルメットを結ぶワイヤを束ねておくためのループが縫い込まれていましたが、通信機の向上により、ワイヤが不要になりループも取り外されました。
  • MA-1フライトジャケットの初期モデルは空軍に支給されており、左右の両袖には米国空軍のステッカーが取り付けられていましたが、このジャケットが空軍以外でも使用されるようになったため、その後ステッカーは取り外されました。
  • MA-1とその先行モデルであるB-15には、元々、セージグリーンとミッドナイトブルーの2色が用意されていました。ブルーは、米軍のオリジナルカラーでしたが、やがてセージグリーンに取って代わられます。
パイロットが地上で防御のためのカモフラージュが必要となったとき、周囲の風景に溶け込みやすい色だったからでしょう。 MA-1は、「インターミディエイト(中間)重量の」ジャケットとしてデザインされました。 その目的は、摂氏−10度〜10度(華氏14度〜50度)の温度帯でパイロットとクルーの快適さを保ち、さらに摂氏−18度〜15度(華氏0度〜60度)の範囲でも活動を可能にするためです。 より高い温度あるいは、低い温度に対応し快適さを保つために、それぞれ、より軽量あるいは重量のジャケットがデザインされています。

MA−1の技術的詳細

アルファ社製MA-1は、最高の品質基準を満たすよう生産されています。
すべての作りが一貫しているため、厳しい基準を満たすことができるのです。
アルファMA-1の細部は、以下の通りです。(下記技術的詳細は1960年代後半頃の生産時のものです。現行品では一部改良されています)

  • 各MA-1ジャケットは、57の個別の縫製作業を必要とします。
    高度な技術に裏打ちされたそれぞれの作業が、品質向上のための異なる目的をもっています。
  • もともとシガレットポケットと呼ばれていたユーティリティーポケットは、8工程からなる縫製作業を必要とします。
    刺繍されたアルファのロゴラベルが、スペックラベルとともに左ポケット部分に縫ってありますが、リバーシブルのため、どちらを表にしてもラベルが見えないよう、ポケット内部に縫い込まれています。
  • アルファのMA-1をほかのコピー製品と比べてみれば、両者の作りに、次のような品質上の違いがあることに気づくはずです。
    こうした点こそ、アルファジャケットの信頼性の源泉なのです。

  • 強度強化として−破れを防ぐため、ポケットフラップには端ミシン、内外ポケットには補強ステッチ。
  • ポケットの留め金補強。袖部分には、2列のミシン目。ジャケット裏地と袖口には端縫い。
  • ふいごの構造をした丁寧な作りのユーティリティーポケットは、4分の1インチほど先細になっており、角は直角。ペンのインクがしみ出さないよう、ポケット内部にはペン先を保護する弾丸型のキャップが取り付けられている。
  • ジャケット裾のニット部分は、ジャケットのシェル(表地)に縫製されており、(ウエスト回りの部分が捩れる恐れがあるため、中わたはシェルとライニングの両方に縫い付けられていない)裾周りの伸びが均一になるよう配慮されている。
  • ストームフラップのキルトは、3インチ間隔のジグザグステッチのキルトを使って作られており、許容誤差はわずか±4分の1インチ。
現行品での主な改良点
  • 現在、アルファ社製MA-1は、一般のマーケットで販売されていますが、これはいくつかの点で政府規格(ミルスペック)と異なっており、外観には何の影響も与えず、消費者が日常生活の中でより便利に使用できるよう考慮されているためです。
  • ウールリブは食害を受けやすく長持ち難いため、襟、袖口、ウエストバンドには、ウール100%ではなくアクリルのリブが使用されている。
  • インターライニングに使用されているポリエステルの中わたは、キルト加工の長繊維ではなく、キルト加工されていない短繊維を使っている。なお、このことによる完成品の性能への影響はまったくない。

FAQ's

【MA-1の裏地がオレンジ色になっているのはなぜ?】
1960年にMA-1はリバーシブルジャケットに変更され、それに伴い裏地の色はグリーンからオレンジに変わりました。 パイロットが不時着した場合、MA-1ジャケットを裏表に着用することによって、救助隊による捜索が容易になります。

【MA-1ジャケットの袖ポケットは何のためにあるのですか?】
このポケットはもともと、たばこ入れのために作られたものです。

【ヴィンテージもののMA-1のフロントタブは何のためのものですか?】
オリジナルのミルスペックを忠実に再現したこのフロントタブは、パイロットが自分の酸素マスクをクリップで固定できるよう取り付けられたものです。

【M-65の素材は何ですか?】
M-65のアウターシェルには、遮風性のあるコットン50%ナイロンサテン50%の混合繊維が225ポンド使用されており、破壊強度の増加を図っています。

【アルファ社は、これまでにフローティングジャケットを生産したことがありますか?】
ございます。不浸透性超低温用防水衣料アンサンブルImpermeable Extreme Cold Weather Waterproof Clothing Ensembleと呼ばれるものです。
これは本来、アメリカ海軍が雨天の極端な低温時に船上で使用する目的でデザインされたものです。

【MA-1に縫いこまれた「ペンブレット」は何のためにあるのですか?】
このブレットは、ペンポケットに入れたペン先を保護するためのもので、インクが漏れてジャケットの袖に染み出さないよう配慮されたものです。

【CWU45/Pのポケットは、どうしてアングルがついているのでしょうか?】
ジャケットをデザインするさい、将校たちは機能的見地からポケットの必要性を感じたのですが、パイロットにはポケットに手を突っ込んだまま歩き回って欲しくなかったのです。そこで、フロントポケットにアングルをつけ、しかもジャケットの高い位置に取り付けるよう要請したのでした。